不妊治療は夫婦の絆と病院で【乗り越えて幸せを手にしよう】

No child is not a matter from now on

薬の知識

排卵誘発剤を受ける前に注意すること

妊娠を望んでいる女性で、生理が順調に来ている人でも排卵も順調にしているとは限らないため、排卵誘発剤を使うことがあります。 そして、30代後半という年齢からくる、排卵を自力ですることが遅れてくる現象がでてくることもあり、この場合も使用することがあります。 またこのケース以外でも使用することはありますが、気を付けたいことは事前に自分で排卵誘発剤の勉強をしておくことが必要です。 どんな場合でも、それがどんなメリットとデメリットがあるのか知っておくことは自分にとって損にはなりません。 どんな副作用がでるのか、費用はどのくらいかかるのか、ネットでも情報は得られますので、頭にいれておくと良いです。 また病院によっては、筋肉注射と言って使用することもありますので、不安になったら先生にどんな種類の筋肉注射なのか質問することがよいです。

せっかく排卵誘発剤を使用したならば、効果を充分に発揮できるようにしておくために知っておくとよいことがあります。 初めて排卵誘発剤を使った人は、特に何かしらの副作用が出る可能性が高いので、2〜3日は様子を見ながらゆっくりと過ごすことがよいです。また、この期間も受精のための準備を身体はしているので、無理のない生活をすることで妊娠の確立も高くなります。 そして、なるべ身体を温めるようにしてください。基礎体温が36.5度以上あると妊娠しやすい条件の1つにも当てはまりますし、免疫力もあがり、病気することなく妊娠できるようになります。 最近では鍼灸院などで、病院の治療と並行して施術を受けることで、妊娠の確立を上げる方法もあるようです。 排卵誘発剤の治療をしていることを伝え、妊娠できるように鍼やマッサージで個人に合った施術を受けると効果も一層高まります。